不妊、高齢出産、自閉症児子育て


by はな

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

■ランキング■

最新の記事

褒めるっていうけど・・・。
at 2018-10-17 09:27
”じじ”の死を息子は・・・。
at 2018-10-14 15:36
パートを始めた理由
at 2018-10-13 12:40
ボタンの練習
at 2018-10-11 22:02
『チャレンジ4年生』 休日のみ
at 2018-10-08 14:18
心が打たれる
at 2018-10-07 22:38
読書の記録 何のために?
at 2018-10-02 22:50
赤ペン先生やめる!
at 2018-09-29 22:36
良い結果が出るお子さんもいます
at 2018-09-27 22:30
ご褒美もシールも通用しない
at 2018-09-25 22:45

最新のコメント

> robo_223さん..
by syufuhana at 15:05
はじめまして。 いつも..
by robo_223 at 20:47
> にくまん母さん に..
by syufuhana at 22:10
すっかりご無沙汰してしま..
by にくまん母 at 12:22
> りらさん ご無沙汰..
by syufuhana at 17:51

タグ

(137)
(120)
(106)
(101)
(92)
(89)
(78)
(53)
(20)
(20)
(19)
(9)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(1)
(1)

カテゴリ

全体
はじめての方へ
息子(1歳半~3歳半)
息子(3歳半~6歳)
発達センター(療育施設)
発達センター分室(療育施設)
トイレトレーニング
お出かけ・旅行
本・絵本
食・レシピ
映画
海外ドラマ
母のうつ病
不妊症
出産・育児
日記・エッセイ・コラム

ライフログ


発達障害の子どもたち (講談社現代新書)


育てにくい子にはわけがある―感覚統合が教えてくれたもの (子育てと健康シリーズ)


おかあさん☆おとうさんのための行動科学


あなたが育てる自閉症のことば 2歳からはじめる自閉症児の言語訓練―子どもの世界マップから生まれる伝え方の工夫


自閉症の子とたのしく暮らすレシピ


自立への子育て―自閉症の息子と共に〈2〉 (自閉症の息子と共に (2))


ありのままの子育て―自閉症の息子と共に〈1〉


統合保育で障害児は育つか―発達保障の実践と制度を考える (子育てと健康シリーズ)


自閉症感覚―かくれた能力を引きだす方法


自閉症―これまでの見解に異議あり! (ちくま新書)


発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ


ギフテッドー天才の育て方 (学研のヒューマンケアブックス)


マニュアル 障害児が普通学級に入ったら読む本


東儀家の子育て 才能があふれ出す35の理由


将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!


心と頭がすくすく育つ読み聞かせ


「大人の発達障害」をうまく生きる、うまく活かす(小学館新書)

以前の記事

2019年 06月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

検索

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
40代

画像一覧

はじめまして

東京郊外のマンションに


  夫・・・アラフォー
  妻(ブログの管理人)・・・アラフォー
  息子・・・平成20年生 1歳6ヶ月のときに自閉症の可能性が高いことに気づき、1歳8ヶ
       月で自閉症と診断される。
       今現在、掛かり付けの小児科に来ている心理士と1年に1回面談
       小児精神科の医師と4ヶ月に1回面談       
       小学4年生。


の3人家族で住んでおります。


自宅からで30分ほどのとこに
  

  夫の父・・・アラ80 いたって元気
  夫の母・・・アラ80 足が悪く杖をついてるが元気


が住んでいます。


自宅から車で10分ほどのとこに


  妻の父・・・アラ70 肺ガン 平成30年2月他界
  妻の母・・・アラ70 うつ病 


が住んでいます。 


ブログを始めた時は、夫婦二人の生活を書き、息子が生まれてからは家族のことを書いていました。
息子の自閉症がわかった時、


     ブログなんて書けない、もう止めてしまおう


と思いましした。


しかし、気が狂いそうな思いをどこかにぶちまけることで、正気を保っていたような気がします。


息子の自閉症の記事は、ほとんど 息子、発達センター、オムツトレーニング のカテゴリに入っていますが、旅行やお出かけは お出かけ・旅行 に入ってます。


出産育児 のカテゴリには、息子の自閉症に気づく前の記事が入っています。


追記

2014年11月に、ブログを引っ越ししたため、それ以前の記事は、カテゴリが変だったり、画像が反映されていなかったり、大変読みづらくなっております(T_T)


尚、2014年11月3日までは、カテゴリをしておりますが、exciteブログに引っ越ししてからは、カテゴリを使用せず、タグを使用しております



# by syufuhana | 2019-06-20 15:00 | はじめての方へ | Trackback | Comments(0)

褒めるっていうけど・・・。

c0346796_09270204.jpg
先日、息子には、シールもご褒美も通用しないという記事を書きました。


もうひとつ、息子になかなか通用しないものがあります。

『褒める』

です。

近年、子育てマニュアル?には、

『褒めて育てる』

とあります。

そう、療育施設でも、ペアレントトレーニングでも

嫌というほど、

『褒める』

を指導されました。

しかし息子くん、

一生懸命褒めても、聞いてるのか聞いてないのかもわからない・・・(-_-;)

反応なし・・・。

母さんに褒められたから今度も頑張ろう!

なんて、気持ちもまったく伺えません。

褒め方にもコツがあり、ただ褒めただけじゃダメなんすって(;一_一)

具体的に褒めたり、頑張った過程を褒めたり・・・。

やってみましたよ・・・。

言われたことは頑張って・・・。

でもねぇ~、効果が感じられないの・・・。

ただ、担任先生や通級学級の先生が言うには

息子くん、褒められると嬉しそうにするんですって!

母親じゃダメなのか(;一_一)

同じ悩みを持つママさんがいらしゃって、

療育施設の先生から

「お子さんは、お母さんよりも(身内よりも)、他の人(他人)に褒められと
良い効果があるので、そういう機会をたくさん作ってあげてください」

と、アドバイスいただいたそうです。

おっしゃってることは分かりますとも。

大人だって、他人褒められると嬉しいし、やる気につながるわ!

だからって、そんな機会、どうやって作るのさ・・・(;一_一)

と、ママさんと嘆いたわ・・・(^^;

そうそう、テニスプレイヤーの大坂なおみ選手のサーシャコーチの

素晴らしい言葉も、算数の宿題に駄々こねてる息子に言ってみた。

「息子ならできる!息子ならできる!きっとできる!」

息子くん

「できるって言わないでーーーっ!<`~´>」

と怒り、余計やる気失くした・・・(-_-;)

息子は、スペシャルくんですよ~!

名コーチの言葉だって通用しませんよ~(^^)

私の言い方が悪いだけかもしれませんが・・・(^^;

もちろん、通用しないからって褒めてないわけではありません。

今も、日々事あるごとに褒めてます(^^)

息子だって、怒られたり、叱られたりするよりは、

褒められたほうが気分は良いはずです。

発達障害のお子さんは、どうしても、怒られたり、叱られたりが多くなってしまいがち。

反応がなくても、やっぱり褒めてあげたほうがいいすよね(^^)




読んでくださってありがとうございます!(^^)!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

--------------------------------------------

2014年11月に、ブログを引っ越ししたため、それ以前の記事は、カテゴリが変だったり、画像が反映されていなかったり、大変読みづらくなっております(T_T)

尚、2014年11月3日までは、カテゴリをしておりますが、exciteブログに引っ越ししてからは、カテゴリを使用せず、タグを使用しております。



# by syufuhana | 2018-10-17 09:27 | Trackback | Comments(0)

”じじ”の死を息子は・・・。

実の父が亡くなったのは、今年の2月。

もう8ヶ月が過ぎました。

最近は、

もう一度父に会いたいなぁ・・・。

声を聴きたいなぁ・・・。

と思うことが多くなりました。

まだまだ、父のことを思うと泣けてきますが、

今日は、頑張って実父が亡くなったときの息子の様子を書きたいと思います。

父が亡くなったとき、やらなくてはいけないことがたくさんあり、

私の気持ちも動揺し、上手く整理がつきませんでした。

とにかく少し落ち着くまでと、息子にはすぐに伝えませんでした。

父が亡くなったのは夜。

じじの具合が悪くなったとだけ伝え、

息子は、次の日、普段通り学校へ行きました(^^;

発達障害の息子に、じじの死を伝えたらどうなるだろ・・・。

自閉症は、感情面で鈍感なところもありますが、

逆に、健常の人以上に、敏感なときもあります。

ただ、じじの死にショックを受け、泣き崩れたり、

パニックになることはないだろうと思っておりました(^^;

では?

正直、想像がつきませんでした。

息子に伝えたのは、次の日の夜。

これが辛かった・・・。

涙せずに伝えることはできませんでした。

息子の言葉は驚くべきものでした。

「そっかぁ・・・。ばば寂しいね・・・。」

息子は、亡くなった実父のことより、残された実母のことを、

案じたのです。

息子の、思いやりのある優しい言葉に、また涙の私(T_T)

私は、このときの息子の言葉と表情を一生忘れません。

その後も、息子は、亡くなった父よりも、残された私たちのことを

一生懸命慰めてくれました。

誰かが涙すると、

「大丈夫、大丈夫」

と、冗談を言って笑わせようとしたり・・・。

きっと、みんなが悲しくて涙する姿を、辛くて見ていられなかったんでしょう。

ふと、私の祖母が亡くなったときのことを思い出しました。

息子と同じくらい、小学3年生だった思います。

遠く離れて暮らしていた祖母に会うのは、夏休みの1回だけ。

そのため、記憶にあるのは亡くなったときのことだけ。

親交がほとんどなっかったせいもあり、祖母が亡くなったときは、

正直、悲しいという気持ちはまったくありませんでした。

ただ、初めて見る、泣いて取り乱す母の姿が、怖くもあり、

悲しくもあり、母と一緒に涙したことを、はっきりと記憶しています。

遠く離れた場所で行われた、初めてのお通夜とお葬式。

たくさんの親戚が集まり、子供たちもたくさん。

不謹慎にも、少しワクワクしたり、

集まった親戚の涙に、どうしていいかわからず、ただただ傍観していたり・・・。

暑い夏の日、最後の頃には飽きてきて、早く東京に帰りたいとさえ思いました。

実妹もどうやら同じ気持ちだったようです(^^;

不謹慎で薄情な孫だった私に比べて、

息子はずっとずっと優しく、思いやりのある子に思えます。

親バカです(^^;

じじの死を悲しんで、涙したことは一度もないですけどね(^^;

父が亡くなってすぐに、息子は手作りで仏壇を作ってくれました(^^;

c0346796_22164183.jpg
自分の作ったフォトスタンドにじじの写真を入れ、

貯金箱は、りんで、

ボールペンは線香だそうで・・・(^^;

お花は、道端から積んできて・・・。

当時は、息子の手作り仏壇に、毎日二人で手を合わせていました。

夫は一度も手を合わせませんでしたけどね・・・(-_-;)

まだ、人の死を理解できないお孫さんには、やっぱりこちらの絵本がお勧め。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

このあと どうしちゃおう [ ヨシタケシンスケ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/10/13時点)



こちらは、思わず大人が涙してしま絵本。

読んでくださってありがとうございます!(^^)!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

--------------------------------------------

2014年11月に、ブログを引っ越ししたため、それ以前の記事は、カテゴリが変だったり、画像が反映されていなかったり、大変読みづらくなっております(T_T)

尚、2014年11月3日までは、カテゴリをしておりますが、exciteブログに引っ越ししてからは、カテゴリを使用せず、タグを使用しております。



# by syufuhana | 2018-10-14 15:36 | Trackback | Comments(0)

パートを始めた理由

c0346796_12400946.jpg
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【かぼちゃオブジェ L×Sセット】セット販売
価格:1000円(税込、送料別) (2018/10/12時点)



パートを始めて1年と7ヶ月。

息子が、2年生の3学期のときでした。

なぜパートを始めたか?

それはやっぱり、

お金!

(;´∀`)(;´∀`)・・・。

我が家は、子供が一人。

お子さんが、二人、三人いるご家庭に比べたら、養育費はかからないし、

今現在、貧困に喘いでるわけでもない。

贅沢しなければ、生活はどうにかなるけど、

家のローンも早く終わらせたいし、兄弟のいない息子には、

できるだけのお金を残してあげたいという親心。

次は、子離れ(^^;

障害を持つ一人っ子。

どうしても過度に干渉してしまって、

息子は、私がウザイ存在になりつつある・・・(^^;

自分の気持ちを、息子や家庭のことだけでなく、他に向かせるため。

もうひとつは、やはり社会とつながっていたい。

私は、母であり、妻であり、娘であり、姉でもある。

当然なことなんだけど・・・(^^;

この役を全部こなすのは、大変だったりする。

仕事をすると、誰かの私じゃなくて、自分になる。

それが私の場合、心地よく、気持ちに余裕ができる。

幸いにも、今の仕事、職場は、とても楽しい。

ずっと続けられたらなぁ・・・と思ってます。

読んでくださってありがとうございます!(^^)!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

--------------------------------------------

2014年11月に、ブログを引っ越ししたため、それ以前の記事は、カテゴリが変だったり、画像が反映されていなかったり、大変読みづらくなっております(T_T)

尚、2014年11月3日までは、カテゴリをしておりますが、exciteブログに引っ越ししてからは、カテゴリを使用せず、タグを使用しております。



# by syufuhana | 2018-10-13 12:40 | Trackback | Comments(0)

ボタンの練習

息子が、療育施設に通っていた年少さんの頃。

先生に、準備にするように言われたものがあります。

大きいボタンの付いたベスト。

c0346796_20551108.jpg
幼稚園なんかで言う、スモックですかねぇ~。

これを見ると、小さくて可愛い息子を思い出します(^^)

大変だったことも含めて・・・(^^;

大きなボタンは、ボタンの掛け外しの練習のためです。

療育施設では、様々な支援グッズを使って、療育してくださりました。

今後も少しずつ紹介できたらと思います。

今は、いろいろボタンの練習ができる商品も販売されてますね(^^)


読んでくださってありがとうございます!(^^)!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

--------------------------------------------

2014年11月に、ブログを引っ越ししたため、それ以前の記事は、カテゴリが変だったり、画像が反映されていなかったり、大変読みづらくなっております(T_T)

尚、2014年11月3日までは、カテゴリをしておりますが、exciteブログに引っ越ししてからは、カテゴリを使用せず、タグを使用しております。



# by syufuhana | 2018-10-11 22:02 | Trackback | Comments(0)

『チャレンジ4年生』 休日のみ

c0346796_14181255.jpg
息子が、幼いころからお世話になってる『進研ゼミ・こどもちゃれんじ』


先日、『チャレンジ4年生』の赤ペン先生の提出をやめたという記事を書きました。

記事はこちら →『赤ペン先生やめる!』

3年生までは、宿題プラス、習い事のない日は、

チャレンジ3年生も頑張ってやっておりました。

宿題にも時間のかかる息子ですから、いっぱいいっぱいです。

4年生になり、さらに宿題が増えたことで、

まずは『赤ペン先生』の提出をやめ、さらに平日の『チャレンジ4年生』もやめました。

『チャレンジ4年生』は、休日の時間があるときのみ行うことにしました。

きっかけは、こちら 


の記事で書いたことです。

日々宿題に追われ、さらに『チャレンジ4年生』もとなると、

学ぶというより、ただ息子を苦しめてるだけ・・・。

本来は、『チャレンジ4年生』をやらせたいワタクシ。

カラーページで、子供にわかりやすく、無理のない量。

息子でも取り組みやすいし・・・。

今は休日のみで、算数を中心に行っております。

当然ながら、毎月1冊のペースに間に合いません。

今年の夏休みに、残った分をやりました(^^;

残念ながら購買をやめようかなぁ・・・という気持ちもありますが、

もう少し続けてみようと思います。

実際、お友達(健常児)が、宿題が大変で、

「チャレンジやめたよ~(;´Д`)」

という子が二人います(^^;

たとえ健常児でも、お勉強が苦手なお子さんは、宿題大変だと思います。

図書館から借りた本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

どろぼうがっこう2版 (かこさとしおはなしのほん) [ 加古里子 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)



読んでくださってありがとうございます!(^^)!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

--------------------------------------------

2014年11月に、ブログを引っ越ししたため、それ以前の記事は、カテゴリが変だったり、画像が反映されていなかったり、大変読みづらくなっております(T_T)

尚、2014年11月3日までは、カテゴリをしておりますが、exciteブログに引っ越ししてからは、カテゴリを使用せず、タグを使用しております。




# by syufuhana | 2018-10-08 14:18 | Trackback | Comments(0)

心が打たれる

c0346796_22342915.png

なかなか子供が授からなかったワタクシ。

子供を授かったときには、毎晩読み聞かせをして、

本の好きな子に育てたいという願いがございました(^^;

私が理想としていた読み聞かせはできなかったけれど、

息子は、本を読んでくれる子に育っております。
(好みに偏りはありますが・・・(^^;)

子供が本を読み終えると、親としては

「どうだった?面白かった?」

など、感想を聞きたいところ。

しかし、ネットの記事に書いてありましたが、

幼いお子さんに、無理に感想を聞くのはよくないらしい・・・?

まだまだ、自分の言葉で感想を述べるなんて、難しいお年頃。

聞かれることが嫌になり、本を読む意欲をなくしてしまうとのこと。

発達障害の息子なんてなおさらだわね・・・。

それでも、ときどき感想を聞いてしまうワタクシ(^^;

決まって息子の言葉は

「面白かった」

のひと言(^^;

まぁ、仕方がない・・・と、それ以上掘り下げて聞くことはしませんでした(^^;

読んでくれるだけでも十分ですから(^^)

それに大人でも感想を人に伝えるのって難しいですよね(^^;

私自身も、感想を伝えるのは苦手だし・・・(^^;

そんな息子くんが、先日、驚きの発言。

「ヨシタケさんの本はね、面白いけど、心が打たれるんだよ!」
「『このあとどうしちゃおう』は、死に関する本でしょ。『みえるとかみえないとか』は、目が見えない人の本でしょ。」

と、つたない言葉で今までにない感想を述べた Σ(・□・;)

息子が言わんとすることは分かる。

息子が言ってるのは、ヨシタケシンスケさんの絵本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

このあと どうしちゃおう [ ヨシタケシンスケ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/10/7時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

みえるとかみえないとか [ ヨシタケシンスケ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/10/7時点)




きっと作者のヨシタケさんが、絵本を通して子供たちに伝えたいと思っていることを、息子はしっかり感じることができてる。

人の感情的な部分を、よくある?重い感じで表現するのではなく、

ヨシタケさんの独特な感性で、ちょっと不思議でコミカルな世界の中に、

なにか大事なことが潜んでる。

面白いけど、何か大事なことを感じる・・・。

嬉しいですね~(^^)

発達障害の息子が、しっかり感じ取ってくれてる。

実はワタクシ、まだ『みえるとかみえないとか』を拝見しておりません。

息子から、目の見えない人のお話と聞き、少しネットで調べましたが、

読んだら泣くかも・・・(^^;

読んでくださってありがとうございます!(^^)!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

--------------------------------------------

2014年11月に、ブログを引っ越ししたため、それ以前の記事は、カテゴリが変だったり、画像が反映されていなかったり、大変読みづらくなっております(T_T)

尚、2014年11月3日までは、カテゴリをしておりますが、exciteブログに引っ越ししてからは、カテゴリを使用せず、タグを使用しております。



# by syufuhana | 2018-10-07 22:38 | Trackback | Comments(0)

読書の記録 何のために?

c0346796_22400477.jpg

息子の学校では、読書の記録として、

本を読んだら

読み始めの日にち・読み終わり日にち・本のタイトル・読み終わった感想を ◎ 〇 △ □ で記入します。

今は、どこの小学校でも取り組んでいるのかな?

私が小学生の頃は、

こんな記録してたっけなぁ~?

と記憶が無いんですが、

もしあったら、私は記録が増えるごとに喜びと快感を覚えて、

自ら進んで読書に励んだかもしれないなぁ・・・と思います。

学校だって、きっとそれが目的なんだと思います(^^;

子供たちの読書意欲を高める。

息子の学校では、年間100冊が目標です・・・(^^;

さて、我が家の息子くん、読書は嫌いではありません。

1年生から3年生までは、図書館から借りた本を含めれば、年間100冊は超えております。

4年生になってからは、児童書が増えてきたので100冊は難しいかもしれませんが...(^^;

普段は、学校から借りてきた本しか、記録に書いていませんが、

夏休みは、読書が宿題にもなっているので、図書館から借りてきた本も記録します。

昨年の3年生の夏休み、息子から驚きの言葉が

「(読書の記録)書くの面倒くさいから、本読みたくない・・・<`~´>」

想像もしていなかった言葉にビックリ(゚Д゚;)

前回も記事に書きましたが、

そう、息子はご褒美もシールも興味がない。

そんな息子には、読書の記録も通用しない。

記録が増えたからって、喜びも感じないだろう・・・・(^^;

ただ、息子の言葉に考えさせられました。

大人も子供も、たくさんの本を読むことは、とても良いことだと思います。

本を読むことで、たくさんの語彙、知識を身につけ、いろんな感情、感性を育て、

考え豊かになる。

学校の取り組みもわかります。

ただ息子の場合は、純粋に自分の読みたい本を読み、気に入った本は何度も読む。

読んだ本の数も、読書を記録することも興味はない。

ただただ、自分にとって面白そうな本を読みたいから読む。

じっくり、味わって・・・(^^;

記録を付けることで、息子の読書感が変わってしまわなければいいなぁ・・・と思います。

息子が学校から借りてきた本です。

またまたブンダバー。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブンダバー(4) (ポプラポケット文庫) [ くぼしまりお ]
価格:669円(税込、送料無料) (2018/10/2時点)




読んでくださってありがとうございます!(^^)!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

--------------------------------------------

2014年11月に、ブログを引っ越ししたため、それ以前の記事は、カテゴリが変だったり、画像が反映されていなかったり、大変読みづらくなっております(T_T)

尚、2014年11月3日までは、カテゴリをしておりますが、exciteブログに引っ越ししてからは、カテゴリを使用せず、タグを使用しております。



# by syufuhana | 2018-10-02 22:50 | Trackback | Comments(0)

赤ペン先生やめる!

c0346796_20322539.jpg

今日のタイトル、申し訳ありませんが、わかる人にしかわからないかも・・・(^^;

『赤ペン先生』とは?

息子が幼いころから、お世話になっている 『進研ゼミ・こどもちゃれんじ』


しまじろうの頃からなので、かれこれ何年でしょう・・・(^^;

今購買しているのは、『チャレンジ4年生』です。

小学生講座には、毎月、赤ペン先生という国語と算数のテストのようなものを1枚、

提出期限までに提出するようになっております。

この赤ペン先生を、提出日までに提出できるように

進研ゼミさんも、あれよこれよと考えておらます。

提出日までに提出できれば、素敵な商品がもらえたり、

教材を1回終わらせるごとに、シールを貼ったり、ゲームができたり

付録だって盛りだくさん。

赤ペン先生を提出すると、赤ペン先生からお褒めのお返事やアドバイスをいただいたり、

子供たちのやる気がアップするよう、たくさんの工夫がされております。

しかし!

我が家の息子、前回の記事に書いたように、

ご褒美やシールには興味がございません(;一_一)

シールを貼ることも、ゲームをすることも、素敵な商品も、赤ペン先生のお褒めのお言葉も

一切興味がございません。

提出した赤ペン先生は、赤ペン先生により丸付けされ、コメントも盛りだくさん。

お褒めの言葉だってたくさん書いてくださり、我が家に返送されます。

息子くんは、赤ペン先生からご返送された封を、開けもいたしません・・・(;一_一)

3年生まで、ワタクシの努力で、提出期限までに、赤ペン先生をどうにか提出してまいりました。

よく頑張ったワタシ・・・(T_T)

4年生になり、宿題が大変になったのをきっかけに、

赤ペン先生の提出をやめました!(^^)!

だって、本人まったく興味がないのに、私だけが焦って、提出日を気にして空回り・・・。

馬鹿らしくなってやめた・・・(^^;

購買はまだしておりますが・・・(^^;

図書館で借りてきた本です。

最近、歴史に少々興味がある息子くんです。

読んでくださってありがとうございます!(^^)!



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

--------------------------------------------

2014年11月に、ブログを引っ越ししたため、それ以前の記事は、カテゴリが変だったり、画像が反映されていなかったり、大変読みづらくなっております(T_T)

尚、2014年11月3日までは、カテゴリをしておりますが、exciteブログに引っ越ししてからは、カテゴリを使用せず、タグを使用しております。



# by syufuhana | 2018-09-29 22:36 | Trackback | Comments(0)

良い結果が出るお子さんもいます

今日は、前回の記事の続きになります。

前回の記事で、息子には

ご褒美もシールも通用しないと書きました。

それは、記事の通りでございます(^^;

しかし、息子と違って良い効果を出すお子さんもいらっしゃいます。

息子が年中のときに受けたペアレントトレーニングですが、

5人のママさんと一緒に受講しました。

気持ちの切り替えが難しく、癇癪がひどい、一癖も二癖もあるお子さんのママ達でした(^^;

その中で、前回紹介したシートで、お子さんの行動がスムーズになったというママもいらっしゃいました。

専門的に言うと

『よりよい行動のためのチャート』BBC(Better Behavior Chart)

だそうです(^^;

私の場合、絵も下手、字も下手なので、パソコンで作りましたが

時間をかけずに、さっさと手書きでOKです(^^)

まだ字の読めないお子さんには、絵や写真を使ったりすると良いそうです。

息子の場合は、シールを貼ること、シールが増えることに、

まったく興味がなかったので、顔マークを書いて工夫したりもしましたが、

ダメでした(^^;

c0346796_22300100.jpg
シールが好きなお子さんは、シール

ママの書いてくれた絵のほうが、喜ぶようだったら簡単な絵でも良いと思います(^^)

効果のありそうなお子さんには、お勧めです(^^♪

市販でも、ご褒美シールや台紙が販売されてますね。


パソコンから無料でダウンロードできるものもあるようです(^^)


読んでくださってありがとうございます!(^^)!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

--------------------------------------------

2014年11月に、ブログを引っ越ししたため、それ以前の記事は、カテゴリが変だったり、画像が反映されていなかったり、大変読みづらくなっております(T_T)

尚、2014年11月3日までは、カテゴリをしておりますが、exciteブログに引っ越ししてからは、カテゴリを使用せず、タグを使用しております。



# by syufuhana | 2018-09-27 22:30 | Trackback | Comments(0)